Amazon Kindleと書籍コンテンツとKindleストア


ついにAmazonのKindleが日本で販売されることになり、本日10月25日からkindleストアがオープンしました。

Kindleの端末は3種類。

Kindle Fire HDとKindle Fireのタブレット端末が2台。
Androidのタブレット端末なのでいろいろな使い方ができます。
書籍等を読む場合はkindleのアプリを利用する形になります。
書籍を読むためにkindle Fireを使わないといけないわけではありませんが、同サイズ、同スペックの他のAndroidタブレット端末と比べると、とても安いです。
純粋にAndroidのタブレット端末が欲しいと思っている方に最適な端末ではないでしょうか。

そして、純粋に書籍を読む方向けの電子書籍端末のKindle Paperwhite。
従来の電子ペーパーよりも文字が読みやすく、また、バックライトが付いています。
私が所有している楽天koboのkobo touchは一世代前なので見劣りがしますね。
ただ、海外向けにはkoboも同様の機能が追加された新端末のKobo Gloが発売されており、日本での発売が待たれるところです。

次に、気になるのが書籍コンテンツ。

Kindleストアを一見してみると、コンテンツの種類は「Amazon先行配信」などの差はあるけれど、他の電子書籍ストアとそれほどの差はなさそうに見えます。
出版社側からすると、一度コンテンツを電子化してしまえば販路は多いほうが良い。
どこかで販売するよりも、どこでも販売する。という感じでしょうか。
コンテンツに差が出るとしても、今後も「先行配信」といったぐらいなのでしょうね。
ただし、一部のコンテンツはKindleストアが安そうです。

あと、個人的に気になるのがKindleストアの使い勝手。

Kindle版と紙版の書籍の情報が同時に表示される点が良いですね。
Kindle版と紙版の書籍の価格差や、紙版のときのカスタマーレビューも表示されています。
紙の書籍が欲しくなった場合もリンクが表示されているのですぐに購入できます。

また、従来からの機能ですが、購入履歴からおすすめ商品を表示してくれます。

ストアの使い勝手を考えると、Amazon Kindleは魅力的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。