スマートフォンとタブレットとサイズ


アップルからiPad miniが発表されて、市民権を得た感のある7inchクラスのタブレット端末。
すでに普及しているiPadは10inchクラス。

今までにスマートフォンとタブレットは、いろんなサイズの端末が発売されてきました。
そこで思うのがサイズの在り方。
スマートフォンとタブレットに最適なサイズがあるのか。
それとも、すでに確立されたサイズを踏襲しているだけなのか。

分類してみると、、、

  • 10inchクラス(iPadなど)はB5判の雑誌などのサイズ。
  • 7inchクラス(iPad mini、Kindle Fireなど)はA5~B6判の単行本サイズ。
  • 5inchクラス(Galaxy note)はA6判の文庫本、メモ帳サイズ。
  • 3~4inchクラス(iPhone、当初のスマートフォン)は従来からある携帯電話サイズ。

という確立されたサイズを踏襲している感じがします。
これらのサイズは、今までの歴史で確立された、それぞれの用途に最適なサイズなのでしょう。

そして、最近のスマートフォンのディスプレイ大型化競争により、増えてきている4~5inchクラス。
Samsung Galaxy S IIIは良く売れているようですが、片手で持つには大きくて、両手で持つには小さい、とても中途半端なサイズだと思います。
果たしてこのサイズが「スマートフォンのサイズ」として定着するのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。